スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

永遠の魂 For Eternal Hearts

永遠の魂(原題:星の光の中へ 별빛 속으로
監督:ファン・ギュドク
出演:チョン・ギョンホ、チョン・ジニョン、キム・ミンソン、チャ・スヨン

永遠の魂大学教授のスヨン(チョン・ジェヨン)は、二匹の蝶に誘われるように教室に入る。そして学生たちにせがまれ、妻とのなれそめを語り始める。1970年代の軍事政権下。文学部の学生だった若き日のスヨン(チョン・ギョンホ)は、不思議な女学生・ピッピ(キム・ミンソン)と出会う。彼女はスヨンに「一度愛したら、最後まで一人を愛してほしい」と告げ、学生運動の最中、スヨンの目の前で飛び降り自殺をして亡くなった。その日以来、スヨンに不思議なことが起こり始める。死んだはずのピッピが、スヨンの前に時折現れる。彼女の導きで家庭教師を引き受け、訪ねた家には女子学生・スジがいた。ビリヤード台が置かれ、見たこともない果物・キウイフルーツが出される家で、スヨンはスジに勉強を教える。最初はスジとうまくいかず、苦痛を感じるスヨン。ピッピは時折スジの兄と現れ、彼の気持ちを揺さぶっては消えてゆく。やがてスヨンは、自分とスジの身に起こったある夜のできごとにたどり着く。死者の霊は49日の間に思いを残すことなく旅立たなければ、魂は永遠にさまよう。自分が旅立つ時に強く祈れば、その思いは永遠のものとなる。混乱した状況の中で順次あらわれるスヨンとスジにからまった秘密。夢と現実がもつれた状況の中で、何が現実で何が幻想なのか分からなくなる…。

星の光の中へ【感想】
この映画は「韓国アートフィルムショーケース 2008」で上映される四作品のうちの一つです。大阪では第七藝術劇場で上映予定だそうです。監督のインタビューの中で溝口健二監督の「雨月物語」がお気に入りらしく、考えてみるとこの映画にも通じるところがありますね。
ファンタジックでホラーでと、ちょっと欲張りな気もしますが、なかなかいい感じです。大学教授のスヨンが、学生たちに話して聞かせる内容は、まるで怪談話をしているかのようですが、そこが現実だとしたら、話の中の現実と幻想がまた絡み合って、頭の中がこんがらがってしまいます。ストーリーの中で何が現実で何が幻想なのか分からなくなるのと同時に、見ているこちらも分からなくなる…。とても良く練られたストーリーですね。
若き日のスヨン役にはチョン・ギョンホで、ドラマ「ごめん,愛してる」のユン役の印象が非常に強いのですが、映画でも「クァンシクの弟クァンテ」「暴力サークル」「ハーブ」など、コンスタントに出演してして活躍しています。出演者はチョン・ギョンホはじめキム・ミンソンやチャ・スヨンなど、若手中心ですが、教授スヨン役のチョン・ジェヨン、特質はノ教授のチャン・ハンソンで、全体に落ち着きが感じられていいですね。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2008/05/29 12:29 | 韓国映画(ア)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。