スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

イブの誘惑 『キス』

イブの誘惑 이브의 유혹 『キス』
監督:ナム・ギウン
出演:キム・ギョンイク、ユン・ミギョン、ヤン・ヨンジョ、イ・ジャギョン

イブの誘惑7年間の恋愛の末に結婚したヨンフンとジョンイムは、それぞれ成功した写真作家とフード・スタイリストとして、閑静な郊外で安定した生活を送っている。二人は、お互いに熱情的であるよりも、気楽な友人のような関係だ。ジョンイムは、若い女優たちのヌードを撮影する夫が、浮気でもしないだろうかと考えてみることもあるが、そんなことさえも、夫婦間の冗談事になるほど、お互いに対する信頼が深い。ある朝、いつものように近所の薬水の所までジョギングをしたヨンフンは、隣りに引っ越してきたヒョジンとヒョンチョル夫婦に会う。権威的なヒョンチョルと不安な気勢のヒョジンを見て、口を閉ざした気持ちに捕われるヨンフン。その後、窓から隣りのヒョジンの姿を覗き、彼女へ妙な好奇心が起きる。偶然なきっかけで、ヒョジン夫婦を家へ招くようになったヨンフンは、鋭敏で無礼なヒョンチョルの態度に不快感を感じ、ジョンイムも表情が固まる。そんなある日、ヨンフンは、散策に出かけたヒョジンと近くの山寺に同行するようになる。ヨンフンは、自分でも驚くほどにヒョジンに惹かれ、二人は、押さえられない欲望に溺れるようになる。一方、ジョンイムは、漠然と近寄ってくる不吉な予感に気をもみながら、ヨンフンを疑い始める。ヨンフンは、ヒョジンが、疑妻症のヒョンチョルに虐待されていたことを知り、二人の熱い関係は、手のほどこしようもないほど、燃え上がるが…。

イブの誘惑 『キス』【感想】
これで「イブの誘惑」もラストの『キス』。副題の『キス』というのがどうもピンとこなかったのですが、どういう意図だったのでしょう…。
四本目は、女が男を利用して女に復習するという、ちょっと凝ったストーリーでした。でもはっきり言ってダマされた男以外はみんな病気でしたね。異常か普通かは人それぞれ感じ方も違うでしょうが、まあ、でも復讐しようと思った時点で、人は変わってしまうんだなと思いましたね。男も女も愛情が変わった形で現れてしまい、結局は自分の心が鬼と化してしまったのでしょう。
四本の中で一番良かったのは『良い妻』でしたが、この『キス』もなかなか良かったと思います。家の窓にはいっさいカーテンがなく、虐待されながらも復讐の時期をひたすら待っていた女の執念と言うか、そういうものがだんだんと明らかになっていく、恐怖のようなものがじんわりと襲ってくる感じが良かったです。
四本はそれぞれ監督が違いますが、ネタあかしの部分でそれぞれの個性が出ていたように思います。自分の好き嫌いはありましたが、それなりに楽しめるシリーズだったと思います。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2008/04/18 21:06 | 韓国映画(ア)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

イブの誘惑 『彼女だけのテクニック』

イブの誘惑 이브의 유혹 『彼女だけのテクニック』
監督:ユ・ジェワン
出演:キム・ジワン、ソヨン、ユ・ジナ、チョン・セホン

イブの誘惑医院長の信頼を受けながら<健康白書ビタミンと蛋白質>という、テレビ健康情報番組のパネラーとしても活動する外科医ジフン。ある日、束草(ソクチョ)で開かれる学術セミナーに参加するために訪ねたホテルで、魅力的な女性ヘヨンに会う。彼女は、ジフンの誘惑にかかわらず、その席を離れてしまう。ジフンは、虚しく笑いながら、ヘヨンの後ろ姿をながめる。何日か後、ジフンの携帯電話に電話をかけてきた女性は、他でもないヘヨン。驚いたジフンの表情は、すぐに浅い微笑に変わって、ヘヨンの家に訪ねて行く。そして再会したヘヨンと激情的な愛を分かち合いながら、一夜を送る。翌日、義父の霊安室にあたふたと飛び込んできたジフンを、彼の妻ソニは冷たく無視する。ジフンは、義父の死で莫大な遺産を受けるようになる妻ソニとの関係を回復しようと、恋人ファギョンに妻の誕生日プレゼントを選んでくれるよう頼み、ファギョンは、空しい心を隠してジフンの要求を受け入れる。ヘヨンとの関係に未練を捨てることもできないジフンは、彼女と逢うことを続けるが、ジフンの浮気を疑ったソニの前に、ある日ジフンとヘヨンの熱い写真が届けられる…。

イブの誘惑 彼女だけのテクニック【感想】
イブの誘惑の三本目。
今回は“女性たちの手中でもてあそばれる男たち”とは少し違っていましたね。女の復讐劇とも言うべきか。男が愚かだったのはもちろんだが、世の中恐ろしいものですね。恐ろしいと言うべきか、大義だったと言うべきか…。いずれにしても人の道に反することは、許しがたいことで、それを招いたものは、しかるべき道が待っていると言うことですね。人を助ける剣を持ちながら、人を殺める剣を持つものを許せるだろうか?なんて愚かなことかと思わずにはいられません。
“彼女だけのテクニック”とは一体なんだったのだろうか、よく解らない。エロチックサスペンスのような安っぽい映像に、飽き飽きしながらも考えてみた。しかし、このストーリーは何を訴えたかったのか…。人の欲は尽きないもので、その欲を追い求めれば、我が身を滅ぼしてしまうと言うことか…。それとも…、映像通りのエロチックが売り物だったのか?考えれば考えるほどシラケてしまう。やはり、こういうドラマは難しく考えてはいけないことなんだと、それが結論かもしれませんね、トホホ。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2008/04/12 21:14 | 韓国映画(ア)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

イブの誘惑 『良い妻』

イブの誘惑 이브의 유혹 『良い妻』
監督:カク・チョンドク
出演:キム・テヒョン、チン・ソヨン、アン・ネサン

イブの誘惑映画監督のジニョンは、自分のシナリオで映画を作ると、映画会社に足を運ぶが断られ憤慨する。そのとき偶然に会った魅力的な女性イネの誘惑に負けてしまう。その日の夕方、ジニョンは、3年間便りがなかった制作者のサンホから連絡を受ける。サンホに会いに江原道へ行ったジニョンは、ひき逃げ事故で下半身が不自由になり、車椅子生活をしているサンホの姿を見て驚く。サンホは、妻がこっそりと男に会っているのではないかとジニョンに調査を頼み、やむを得ず頼みを受け入れたジニョンは、その日からサンホの妻の日常を撮るようになる。しかし、ジニョンは、サンホの妻が、一夜を送ったイネであることを知ってあわてるが、彼女の魅力にますます陥り、写真を口実にイネとまた一夜を送るようになる。そして、イネが心からサンホを愛しているということを悟ったジニョンは、サンホを訪ねてその事実を伝えるが、サンホから別の話を聞くようになる…。

イブの誘惑 良い妻【感想】
前回に引き続き、二本目は「良い妻」と言う副題。このシリーズはもはや期待できないと思っていましたが、これはなかなか良かったです。鑑賞する前は、どうせ似たような内容だと思っていたのですが…。と言うのも、女が悪くて、男がダマされるという先入観があったのですが、そういう先入観がなければ、ホントどきどきした内容だったと思います。
いくら言葉でいっても、所詮人の心の中は目で見て確かめることは出来ないですよね。本当はどうなのだろうかと躊躇してしまう瞬間がなかなか良く描かれていたように思います。特に最後の方の三人が共に椅子に座った状態で繰り広げられる心理シーンはとても迫力がありました。結局は女の誘惑に負けてしまうと言う結果ですが、一緒になるってことは、そういうことかもしれないと思います。
サンホ役のアン・ネサンは、数多くの映画に出演していますね。いつもチョイ役的な出演でしたが、それなりに数をこなしているし、今回の場合は狂いそうな男を上手にこなしていたように思います。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2008/04/09 22:32 | 韓国映画(ア)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

イブの誘惑 『エンジェル』

イブの誘惑 이브의 유혹 『エンジェル』
監督:イム・ギョンテク
出演:シン・ソミ、チョン・ウィガプ、ソ・ヨンス

イブの誘惑 エンジェル女性たちの手中でもてあそばれる男たちを描いた四部作のうちの一つ『エンジェル』。
恋人との熱い夜を送ってきたヒラは、夫が寝室で死んでいるのを発見し、夫と仲が良くなかった彼女は、最初の殺害容疑者として指定される。しかし、彼女にはアリバイがあって、容疑線上から除外されたが、担当刑事のミノは、彼女が犯人だという直感を消せない。秘密を隠している彼女から証拠を探すために尾行するミノは、ヒラの魅力に陥るようになり、積もっていく疑惑にもかかわらず、彼女から抜け出せない。それどころか、ヒラの過去の傷を知って同情し、むしろ危険から彼女を保護しようとする。そうしている間に、ヒラの過去と関連があるイ・ドングという人物が容疑線上に上がる。ミノは、彼が犯人だという確信を持ちながらも、ヒラとの関係は、刑事と被害者を越えた恋人関係に発展してしまう…。

イブの誘惑 エンジェル【感想】
全部で四本あるうちのまずは一本目。
映画と言うよりは、TVドラマと言った感じです。だけど、日本語字幕が付いていて、それだけで鑑賞しようかと思ったくらいで、ストーリーはもう期待していませんから…。
まず、どう見ても真っ黒、黒のヒラを信じてしまうのか?強力班の刑事たるものが自分の直感を信じられないとは情けないね。まあこの映画はそういう情けない男を描いた映画なのでしょうが、あまりにも単純でしょうがない。映画の中ではだましだまされが繰り広げられているのに、鑑賞している方は、既に結果が見えてしまっているようで、どこに焦点を求めたらよいのやら…。もしかしたらそういうところが狙いなのかな…?残りの三本はどんなストーリーなのか、だまされてみたい気もしますがどうだろう。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2008/04/06 09:56 | 韓国映画(ア)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。