スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ファン・ジニ(黄真伊) Hwang Jin Yi

しばらく韓国映画から遠ざかっていて、全然更新できていませんでした。この間、全く見ていなかった訳ではありませんが、ブログに書くほどのものでもなかったり、古い映画を見直したりでしたので、また新たな気持ちで、がんばります。

ファン・ジニ(黄真伊) 황진이
監督:チャン・ユニョン
出演:ソン・へギョ、ユ・ジテ、リュ・スンニョン、ユン・ヨジョン

ファン・ジニ朝鮮最高の妓生(キーセン=芸妓)と呼ばれた実在の人物、黄真伊(ファン・ジニ)の生涯を綴った作品。これまでにも映画やドラマで映像化されてきた有名な黄真伊の物語だ。2007年映画版は北朝鮮の作家ホン・ソクジュンの小説を原作にしたもので、黄真伊の芸妓としての生き様に焦点を当てた他の作品とは違い、彼女を“封建的な16世紀に階級を越えて強く生きた女性”として描いた作品となっている。
両班(ヤンパン=官僚階級)の家で育ち、豊かな生活を送ってきたファン・ジニ。しかし彼女は、実は自分が下級階層の出身だという事実を知ってしまう。ショッキングな出生の秘密を知った彼女は、最も卑しいとされる“妓生”の身分を自ら選択する。ノミはジニと幼い頃一緒に育ったが、ある日ジニの前から姿を消してしまう。やがて、主が亡くなり落ちぶれたファン家の財産を取り戻し、ファン家の使用人として、強くたくましい男となって戻ってきた。ジニは妓生として初めて夜を奴婢のノミと過ごし、二人はお互いに特別な感情を抱いてゆく。そんな中、ファン・ジニは官吏さえも魅了する高級妓生となっていくが、一方でノミは反逆者として指名手配されてしまう。そしてジニは、自分の全てをかけた運命の選択をする。

黄真伊【感想】
見終わってから気がついたのですが、この映画2時間を超える長さだったのですね。以前も少し書きましたが、長い映画はどうも集中力が切れてしまい、つらく感じていたのに、退屈せずに鑑賞することができました。特に前半のジニが妓生になることを決意するまでは、あっという間にすぎてしまう気がしました。後半はちょっとしんどかったけれど、ソン・へギョの魅力で、持ちこたえられたのかもしれません。取り立ててよかったとかいうシーンはなかったのですが、おばあちゃん役のユン・ヨジョン。妓生になることを選んだジニを不憫に思ったおばあちゃんが、自らもジニに付いていくことを決める所はよかったですね。
ファン・ジニという妓生は、書画や詩歌、カヤグム(伽耶琴)の才能に溢れる妓生で、魅力的な女性だったと聞いたことがありますが、この映画では、あまりそういったことは出てきませんでしたね。ノミとのラブストーリーとも感じますが、元の話で見たい気がしました。1986年版はそうだとしたら、そっちの方を鑑賞したくなりましたね。ドラマもあるそうですが、私はドラマはちょっとね……。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2007/11/28 22:19 | 韓国映画(ハ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ビューティフル・サンデー Beautiful Sunday

ビューティフル・サンデー 뷰티풀 선데이
監督:チン・グァンギョ
出演:パク・ヨンウ、ナムグン・ミン、ミン・ジヘ、イ・ギヨン

ビューティフル・サンデー有能な刑事だったが植物人間である妻を生かすために麻薬組職と結託するカン刑事(パク・ヨンウ)。妻のために人生のすべてをかけたが、また他の麻薬組職と強力組内部監察組に同時に追い回されて窮地に追い込まれるようになる。内気な性格の考試生ミヌ(ナムグン・ミン)はスヨン(ミン・ジヘ)に一目惚れするが、彼女に恋人がいるという事実に絶望する。数年後スヨンと偶然に再会したミヌはスヨンと結婚し子供まで持つようになる。しかし彼らの幸せな新婚生活はミヌの過去によって破局に至り、去ろうとするスヨンを捕まえたミヌは結局スヨンを殺してしまう。罪責感に苦しんだミヌは、カン刑事を訪ねて全ての罪を告白する。ミヌの話を聞いたカン刑事は妻の事故に関する衝撃的な真実を知ることになる…。

Beautiful Sunday【感想】
愛する人のために犯した罪はやがて露呈し、彼らは窮地に追い込まれて行く…。当然と言えば当然だ。というより、もっと惨い最期が相応しいのではないかとさえ思ってしまう。練り上げられたシナリオはすばらしいもののように感じるが、どうしても私には理解しがたい。理解というより、納得できないということか。カン刑事には同情もあるけれど、ミヌの行動には、そんな欠片も感じない。日本ハムのヒルマン監督流にいえば、“シンジラレナ~イ”ってところ。パク・ヨンウもナムグン・ミンもあまり好きではない俳優さんだから、余計にこの映画が気に入らないものになってしまっているのかも知れません。
カン刑事役のパク・ヨンウ。「静かな世の中」でも刑事役をやっていましたが、今回も全然刑事らしくない。昼行灯に徹しているならともかく、善悪のギャップが無さ過ぎ。演技が下手とはいわないが、はっきり言って向いていない。だが、カン刑事には同情の余地があるという役所で仕方ないか…。しかし、ミヌはどう考えても許しがたい。優しそうな顔をしていてもその内面はクズとしか思えない。それが人間の本性と言いたかったのか?もしそうならそれこそ疑問だ。ミヌ役のナムグン・ミンは、そんな役がピッタリ嵌っていたように思うが、それが余計嫌いになってしまいましたね。これからも好きになることは無いだろうとさえ思えるくらいの役所で、ちょっと可哀想かな。
タイトルの「ビューティフル・サンデー」ってのは、過去の裏返しってことなんだと思いました。字幕なしの鑑賞でしたので、間違った解釈もあると思いますが、次に見たときはどんな感想になるのか、それも楽しみですが、果たして次を見ることがあるのか……。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2007/11/04 12:02 | 韓国映画(ハ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。