スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

モノポリー Monopoly

モノポリー 모노폴리
監督:イ・ハンべ
出演:ヤン・ドングン、キム・ソンス、ユン・ジミン

モノポリー【解説とストーリー】
 天才的なプログラマーと事業家、各々の欲望を描いたサスペンスドラマ。主人公のプログラマーを演じるのは、「風のファイター」や「受取人不明」で知られる若手演技派のヤン・ドングン。親に捨てられ孤独に過ごし、事業家のジョンと出会ったことで人生の大逆転を狙う主人公のキャラクターに強く共感したドングンは、この役のために軍隊への入隊を延期した。「赤い靴」のキム・ソンスは、モデル出身の俳優らしく、品の良さに悪魔的な魅力をあわせもつ裕福な在米韓国人事業家ジョンを好演している。二人の間に存在する謎の女性エリーを演じているのはスーパーモデル出身のユン・ジミン。
 韓国科学技術院を卒業したギョンホは、大韓民国銀行のプログラマーとして働いている。彼はある日、フィギュア・ショップで出会った事業家ジョンの犯罪計画に取り込まれて行く。それは、銀行のネットワークを利用して、国内の全口座から小額ずつを引き出すというものだった。ジョンの恋人のエリーは、計画の手助けをするギョンホに、ジョンに利用されているだけだと警告するのだが…。(YesAsiaより)

Monopoly【感想】
 主演のヤン・ドングンは解説にもあるように「風のファイター」や「受取人不明」の印象が非常に強く残っているので、今回の役はそれらとはだいぶ違った印象を受けました。差別を受けたり、逆境に立ち向かったりといった強い彼はここには登場しません。頭は良いがどことなくひ弱な感じを与え、天才プログラマーを見事に演じています。映画の作りはハリウッド映画のパクリのような気もしないでもありませんが、三人のキャラはそれぞれよく描かれていたと思います。先に書いたヤン・ドングンはもちろん、謎めいたジョンの恋人役エリーをユン・ジミンがうまく演じていました。
 映画のシーンには、フィギュアがよくでてきますが、そのキャラクターが日本のアニメってのにはちょっとびっくり。フィギュアは、日本ではマニアック的な扱いをされますが、韓国でもそうなのでしょうかね。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2006/09/04 22:28 | 韓国映画(マ・ヤ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。