スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

下妻物語

下妻物語
監督:中島哲也
出演:深田恭子、土屋アンナ、宮迫博之、篠原涼子、樹木希林

下妻物語【解説とストーリー】
乙女のカリスマ嶽本野ばらの同名小説を映画化した女の子青春コメディ。ロリータファッション命のマイペース少女が、ひょんなことから全く対称的なヤンキー娘と出会い、一緒に小さな冒険を繰り広げる中で次第に奇妙な友情を築いていく姿をテンポ良く爽やかに描く。主演は「阿修羅のごとく」の深田恭子と人気モデルの土屋アンナ。監督はCM界の鬼才・中島哲也。
レースのパラソルにボンネット、田んぼのど真ん中というロケーションを無視して歩く女子ひとり。彼女の名前は竜ケ崎桃子(深田恭子)。生き甲斐はひらひらフリフリのロリータなお洋服を着ること。だから、茨城県は下妻から、片道3時間かけて聖地・代官山のショップに通うことも厭わない。でも、お買い物には先立つものが必要だ。そこで目をつけたのが、父親(宮迫博之)のかつての商売の遺物、自宅に眠るブランド品のバッタ物。これを売りさばこうと目論む桃子の前に表れたのは、ばりばりヤンキーのイチゴ(土屋アンナ)だった…。(一部goo映画より)

下妻物語
【感想】
普段テレビをほとんど見ない(見れない環境の)私は、今夜たまたまテレビを見ていて映画「下妻物語」を鑑賞してしまいました。
んー、実にバカバカしくもなぜかとてもよい映画のように思えました。そしてなぜか感想を速攻で書いています。
登場するキャラクターはどれも不自然なのですが、妙に首を縦に振ってしまいます。自分勝手と友達を思いやる気持ちに不思議と心が開かれてしまいます。器の狭い、しかもひび割れた器のお父さんの言う“若いってのはいいのー”の台詞に共感をし、ヒロイン桃子の生き方にも何となく共感し、「貸したものは戻ってこない。だからほんとに大切なものは貸さない」という彼女には大きな拍手を送りたいと思います。もちろん、「借りたものは返す主義」のイチゴにも拍手ですが…。あれっ、矛盾している?? いや、これは矛盾じゃなくて生き方の違いなんですよね。私はそう思います。
映画の中に出てくるロリータとかヤンキーってのがいまいち詳しくないのですが、別にそんなこと知らなくても十分に堪能できる映画だと思います。ただし、素直さが無い人には向かないかもしれませんけど…。
宣伝ばかりがすごいドラマのような映画よりも、こういった感じの映画がまだまだ日本にはあったんだと(あったと言えば首を傾げますが、新しいのかな??)再認識させてくれる(要するに邦画もまだまだすごいんだと思う)、すばらしい映画のように思いました。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2006/05/29 23:32 | 邦画COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

おばあちゃんの家 The Way Home

おばあちゃんの家 (家へ… 집으로…
監督:イ・ジョンヒャン
出演:ユ・スンホ、キム・ウルボン、トン・ヒョヒ

おばあちゃんの家【解説とストーリー】
この映画「おばあちゃんの家」は韓国のアカデミー賞にあたる大鐘賞最優秀作品賞、最優秀脚本賞、最優秀企画賞を受賞、海外の数々の映画祭でも上映され、世界の注目を集めた。女性監督である彼女は脚本も手がけたデビュー作「美術館の隣の動物園」(98)で、大鐘賞新人監督賞を始め数々の賞を受賞し、実力を認められていが、2作目となる本作でも自ら脚本を担当、主人公二人の日常を愛情とユーモアをこめて描いている。
母親が仕事を見つけるまで、田舎のおばあちゃんと暮らすことになった7歳のサンウ。耳が遠く、口もきけないおばあちゃんをバカにして、ゲームに熱中するサンウだが、ある日ゲームの電池が切れてしまう。ふてくされて駄々をこねるサンウに、おばあちゃんは精一杯のことをしてやるが、サンウは泣きわめくばかり。町に出かければ、おばあちゃんはサンウに新しい靴を買い、麺を食べさせる。わがままを黙って聞いてくれるおばあちゃんに、次第にサンウは心を開いていく…。(一部goo映画より)

家へ…【感想】
お年寄りと子供、もうこれだけで感動的な内容を想像してしまいます。そしてその通りの内容だったのですが、初めはサンウにイライラさせられました。そこまでしなくても、嫌なガキだなと…。それと同時に自分の子供の頃の記憶がよみがえり、心が痛くなりました。おばあちゃんに限らずおじいちゃんも、孫に対しては無条件の愛を注いでくれるんですね。“とにかくよくしてくれる(무조건 잘해 주다)”、もうそれがありありと描かれていました。しかし、たった数ヶ月で心を通わすことができるのは、子供は素直なんだということだと思います。環境にも慣れ、自分がどうしたらいいのかがわかるのでしょう。別れが近づくとその準備に取りかかるサンウは、そんなに優しかったのかと思えるくらいですが、そこがまた感動的です。
日本では都会と田舎の差がそんなには無くなって来ていますが、韓国ではまだまだそういうところがあるのでしょうか。そんなところもちょっと気になった映画でした。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ブログへのランキング、クリックお願いします。

2006/05/28 18:09 | 韓国映画(ア)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

肝っ玉家族 A Bold Family

肝っ玉家族 A Bold Family (간 큰 가족)
監督:チョ・ミョンナム
出演:カム・ウソン、キム・スロ、シン・グ、
   キム・スミ、ソン・ジル、シニ、イ・カニ

A Bold Family【解説とストーリー】
「情愛」「スパイダー・フォレスト 懺悔」のカム・ウソン、「火山高」「達磨よ、遊ぼう」のキム・スロ、「B型の彼氏」のシニ、ベテラン俳優のシン・グら出演によるファミリー・コメディー。監督は、この作品が第1作目のチョ・ミンナム。南北の統一を願う父と、その家族の姿をコミカルに描いたこの作品は、初めて38度線以北で撮影が行われた韓国映画として話題を呼んだ。
南北分断で生き別れた妻との再会を心から願うキム・ノイン(シン・グ)。彼は、数十年連れ添った今の妻にさえ、北に残してきた先妻の話ばかりしている。いつものように北朝鮮住民接触申請書を提出しに行った彼は、その帰りに階段から転落し、病院に担ぎ込まれる羽目に。あわててかけつけた家族たちは、そこでノインが末期の肝臓ガンであることを知らされる。しかし、驚きはそれだけではなかった。なんと、彼には50億ウォンの遺産があるというのだ!しかも、その遺産はすべて南北統一のために寄付するという。それを知った息子たちは、父に南北統一が実現したと思い込ませて遺産を手に入れようとする。(yesasiaより)

肝っ玉家族【感想】
最初、この映画のストーリーを読んだ時は“これは笑えるだろう”と思っていたのですが、実際見てみるとそれほど笑える映画ではありませんでした。大胆な家族確かに前半はそれなりに楽しませてくれますが、後半は逆にいろんなことを考えさせてくれます。国は違っても家族の絆はどこの国も一緒だから、この内容をコメディーにしてしまってもいいのか、逆にコメディーだから許されるのか…。笑いを取るのか、涙を誘うのか、どちらかにしてほしかった気がします。中途半端さがとても残念に思いますが、あまり難しく考えない方がいいのかもしれませんね。
コメディーとしてはキム・スロ、シニの二人がまた大げさな演技で笑わせてくれますが、父親役のシン・グがはやりよかったのだと思います。ちょっとニヤッとした顔が印象的ですね。キャスティングを見るとすばらしいメンバーですので、やはり中途半端さが残念ですね。(しつこくてごめんなさい…。)

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ブログへのランキング、クリックお願いします。

2006/05/21 16:33 | 韓国映画(カ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

サラン ハムネダ ~愛は天の川を越えて~

サラン ハムネダ ~愛は天の川を越えて~
原題:新牽牛織姫
 신견우직녀
出演:チェ・ガンヒ、リュ・スヨン

サラン ハムネダ【解説とストーリー】
「朝鮮戦争停戦50周年記念スペシャルドラマ」として2003年韓国MBCで放送。全2話の短編ドラマ。「女校怪談」のチェ・ガンヒと「SSU」のリュ・スヨンという美男美女カップルの共演で、韓国の青年ジャーナリストと、"北朝鮮美女応援団"の禁じられた愛を、織り姫と彦星に見立てて描いた、感動のラブストーリーである。
2002年、釜山。スポーツのアジア大会開催のため、数々の選手たちが訪れる中、人々の目はあるグループに集まった。それは北朝鮮からやってきた美女応援団だった。才色兼備の彼女たちはまぶしい笑顔で、韓国の人々とともに「朝鮮はひとつ」「祖国統一」と声を上げ応援した。その応援団のひとりが、韓国人ジャーナリストと恋に落ちる。だが国境に分断された彼らの恋は叶うはずもなく…。

~愛は天の川を越えて~【感想】
このドラマは以前韓国語教室の人たちと一緒に見たのですが、先週テレビで、しかも字幕でやっていたので、ついついまた見てしまいました。このドラマは日本語タイトルでもわかるとおり、語尾に特徴があって、北朝鮮訛りになっています。もちろん訛っているというのは韓国語として聞いた場合ですが…。
ストーリーはドラマだからでしょうか、非常にわかりやすくなっています。取り立てて感動する訳でもないのですが、それなりに楽しめる内容だと思いました。主演の二人は美男美女で、ラブストーリーという印象が強いのですが、両国の関係や若者の考え方なども盛り込まれていて、ちょっと視点を変えてみるとより面白いのかもしれませんね。
リュ・スヨンはパッと見、チョン・ウソンに似ているかななんて思いました。チェ・ガンヒは目がクリクリッとしていて可愛らしいですね。今度彼女の最新作「甘く、殺伐とした恋人」を見てみたくなりました。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ブログへのランキング、クリックお願いします。

2006/05/15 23:20 | 韓国ドラマCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ナンパの定石(作業の定石)The Art Of Seduction

ナンパの定石(作業の定石) 작업의 정석
監督:オ・ギファン
出演:ソン・イェジン、ソン・イルグク、ヒョン・ヨン、ノ・ジュヒョン

作業の定石【解説とストーリー】
「ラスト・プレゼント」のオ・ギファン監督の第2作目。ナンパの達人同士が繰り広げる恋の駆け引きを描いたロマンチック・コメディ。日本でも大ヒットした「四月の雪」「私の頭の中の消しゴム」に主演し、“涙の女王”と呼ばれるソン・イェジンがコミカルな演技に挑戦して話題を呼んだ。共演のソン・イルグク(「レッド・アイ」「ボディ・ガード」)も、これまでの真面目なイメージとは異なるプレイボーイ役で、新境地を開いている。
ナンパの達人、ハン・ジウォン(ソン・イェジン)は、狙った相手を逃したことがない。彼女の純情無垢な表情に男はみんな参ってしまうのだ。そして、ソ・ミンジュン(ソン・イルグク)も同じく凄腕のナンパ師。自分が狙った相手についての入念な事前調査を行い、必ず口説き落とすという実力の持ち主だ。そんな二人は、出会った瞬間にお互いが生易しい相手ではないと悟り、闘争心をかきたてられる。平凡なテクニックが通用するはずもなく、これまでの豊富な経験に基づいたテクニックを駆使したナンパ対決がスタートする。果たして、ナンパの勝者になるのは誰か?そして、彼らに真のロマンスは訪れるのか? (yesasiaより)

ナンパの定石【感想】
韓国から来ている人にこの映画のタイトルについて聞いてみた。“작업(作業)”は“ナンパ”という意味もあるの? すると、“ナンパしようとしたらいろいろと準備が必要じゃないですか、だからそれを작업って言うんですよ”と。へぇーっと何となく納得してしまいましたが、この映画はまさにそのとおりって感じでしたね。
主演のソン・イェジンは、今までのイメージとちょっと違います。ナンパの手口で、車をぶつけてキッカケを作るってのがあるんですけど、どうなんですかね。それまでの彼女の清楚なイメージで謝られたら、すぐにでも許してしまうでしょうが、今回のようなブリッ子で謝られたら、怒鳴りつけてしまうかもしれません(w)。しかし今回の彼女は頑張っていましたね。教会で歌うシーンや、セクシーダンスコンテストのシーンなど、頑張っているなーってのがスクリーンから伝わってきます。
もう一人の主演ソン・イルグクですが、彼は初めて見たのですが、そんなに男前って印象じゃなかったんですけどね。彼も新境地開拓ってことらしいので、他の映画を見てみようと思います。
あと、二人の相棒というか、ヒョン・ヨンとノ・ジュヒョンが、それらしい味を出していましたね。特にお父ちゃん役のノ・ジュヒョン。この映画のスパイスになっていたように思います。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ブログへのランキング、クリックお願いします。

2006/05/05 11:32 | 韓国映画(ナ)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

オーロラ姫 Princess Aurora

オーロラ姫 오로라 공주
監督:パン・ウンジン
出演:オム・ジョンファ、ムン・ソングン、クォン・オジュン

オーロラ姫【解説とストーリー】
女優として知られているパン・ウンジンの監督デビュー作。主演は、「シングルス」「どこかで誰かに何かが起こると必ず現れるホン班長」などに出演し、歌手だけでなく女優としての地位も確立したオム・ジョンファ。オム・ジョンファは脚本を読んで本作への出演を切望。彼女とパン監督の女性二人がコンビを組んで作った意欲作であり、犯行の動機にも女性の悲しみが深くにじみ出ている。共演は、「嫉妬は私の力」「グリーンフィッシュ」のムン・ソングン。
高級デパートのトイレで子供を虐待していた女性が刺殺される。次は美容マッサージを受けていた高級ブティックのオーナーが、そして焼肉店の息子へと殺人は続いていく。これらの死体のそばには、“いつもオーロラ姫”のステッカーが貼り付けられていた。事件を担当したオ刑事(ムン・ソングン)は、現場のセキュリティカメラを通して「私を探してみて」というメッセージを残したチョン・スンジョン(オム・ジョンファ)を犯人とみて捜査を行うが、彼女と被害者を結びつけるものも、被害者の共通性も見つけることができない。捜査が難航する中、さまざまな手口で残酷な殺人が繰り返されてゆく…。

Princess Aurora【感想】
この映画はとても印象に残る映画のように思います。内容的に感動する訳ではないし、でも共感できます。もちろん殺人はよくないことですが、人の気持ちとして納得できる映画ということです。殺人者を応援すると言うよりも、悪いやつは許せない!!ってことですね。
最初の殺人シーンでいきなり異常とも思える光景が飛び込んできます。それもストーリーが展開していくと何れわかるのですが、全体の構成もよくできていたように思います。もし二回見れば二回目の、三回見れば三回目の新しい発見がある、そういう作りの映画のように思います。それとやはり監督が女性であることが大きいように思います。
主演のオム・ジョンファは今回、冷酷なキャラクターを演じていますが、冷酷な中にも彼女のもつ本来のキュートさがスクリーンから伝わってきます。彼女くらいの年齢の人をキュートと表現すれば反論もあるでしょうし、まして今回のような役の場合は表現が適切でないかもしれません。でも彼女は最近年をとってないんじゃないのって感じですね。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑やっぱり映画っていいなと思っている方は、クリックお願いします。

2006/05/04 11:58 | 韓国映画(ア)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

血の涙 Blood Rain

血の涙 혈의 누
監督:キム・デスン
出演:チャ・スンウォン、パク・ヨンウ、チ・ソン、ユン・セア

血の涙【解説とストーリー】
19世紀朝鮮時代末期を舞台に、ある孤島で起こる残酷な連続殺人事件を描いたスリラー。「バンジージャンプする」で青龍賞新人監督賞に輝いたキム・デスン監督による、注目の第2作目だ。「リベラ・メ」「ライターをつけろ」のチャ・スンウォンが事件を追う冷徹な捜査官を演じる。捜査官と対立する島民に扮した「MUSA-武士-」のパク・ヨンウは、この演技が高く評価され出演依頼が殺到しているとのこと。このほか、事件の鍵を握る謎の人物役で、「オールイン 運命の愛」のチ・ソンが出演している。残酷な処刑シーンなどで観客に衝撃を与えたこの作品は、第42回大鐘賞で最優秀美術賞を獲得した。
1808年、東花(トンファ)島。製紙業が盛んなこの孤島で、朝廷へ上納する紙を載せた船が放火される事件が起こり、ウォンギュ捜査官(チャ・スンウォン)らが派遣される。しかし、彼らが到着したその日に殺人事件が発生。その残忍な殺し方を目の当たりにした島民たちは、これは7年前に謀反の濡れ衣を着せられ一家皆殺しにされた男の呪いだと言い始める。そんな中、あくまでも冷静に捜査を続けるウォンギュだったが…。(yesasiaより)

Blood Rain【感想】
時代劇と言えば、衣装や髪型に目がいってしまいますね。ドラマ「大長今」を見るようになってから、捜査官の衣装がカッコよく見えるようになりました。で、チャ・スンウォン演じるウォンギュ捜査官ですが、カッコよくも見えるのですが、コメディっぽい印象の方が強くあって画面に登場した時はちょっと吹き出してしまいました。(失礼)やはり似合う人、似合わない人がいて当然ですよね。彼は今までのコミカルな演技から一転しシリアスな役を演じましたが、私としてはコミカルな彼の方が好きですね。それからソヨン役のユン・セアは、200倍の競争率に勝ってこの映画に出演したそうですが、確かにきれいな人だけど、ちょっと印象が薄かったです。次に期待ってことですね。
映画の中には残酷なシーンが数多く登場しますが、中でも熱湯に逆さ吊りで入れられるシーン、手足をロープで縛って牛に引かせるシーンは、ちょっと身の毛のよだつ光景です。そこまで残酷なシーンが必要なの? って気がしました。でも正直この映画の内容をしっかりと把握できた訳ではないので、的外れな感想になっているかもしれませんが、その時はお許しを…。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑やっぱり映画っていいなと思っている方は、クリックお願いします。

2006/05/03 13:08 | 韓国映画(タ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ARAHAN アラハン

ARAHAN アラハン
阿羅漢 掌風大作戦 아라한 장풍대작전
監督:リュ・スンワン
出演:リュ・スンボム、ユン・ソイ、アン・ソンギ

阿羅漢 掌風大作戦【解説とストーリー】
リュ・スンワン監督とリュ・スンボムの兄弟コンビが放つ韓風アクションエンタテインメント。2004年度の韓国映画興行成績では第6位、最終的には観客動員数200万人を超える大ヒットに!
悪人を懲らしめたいという一心で警察官になったサンファン(リュ・スンボム)。しかし彼を待っていた現実は厳しく、嫌な上司には無下にされ、やくざに小突かれ、母親には罵倒されるというさえない生活を送っていた。そんな彼の前に、ある日チルソンと名乗るグループが現れる。彼らは「君はマルチ(韓国アニメのキャラクター。テコンドーの使い手)になる素質がある」といってサンファンをグループの一員にしようとするが、彼は信じようとしない。しかし、そこに現れた可愛らしい少女ウィジンに口説かれ、サンファンはマルチになるべく修行することを決意する。そんな中、チルソンによって封印されていた絶対悪”黒雲”がその封印を破り、再びソウルの街を襲おうとしていた…。(yesasiaより)

ARAHAN アラハン【感想】
最初に言わせてもらうと“まぁ映画だから、多いに楽しみましょう”って感じですね。
ガラス張りのビルを駆け下り飛び越え、“うんっ、どっかで見たっけ…”。物が浮いたと思ったら中を飛び交う…、それにこの展開は…。“オォー、まさにパクリ天国の韓国!!”
ハリウッド映画でも香港映画でも日本のアニメでも、イイトコ取りして作ってしまえば、“それは韓国映画だ”と言い張る韓国人。しかしそんなことは気にしちゃダメね。この際、知らなかったふりをしてあげるのが、韓国映画を見る時のマナーかもしれない…。
そんな訳でこの映画を強引なマナーに照らし合わせると、とても面白い映画でした(w)。“おっ、このシーンは”などと思っている間にストーリーは進んでいくから、パクリを気にしなければ、まさに痛快アクション映画だ!! 韓国で大ヒットしても日本では今ひとつだったこの映画は、もし韓流スターと呼ばれている誰かが主演を務めていれば、日本でも大ヒットしたんじゃないかと思えるくらいの作り込みをしています。私はリュ・スンボム嫌いじゃないですれどネ。でも彼は好き嫌いが二分してしまうタイプのように思います。ヒロインのユン・ソイ、すばらしいアクションを披露してくれます。彼女は困った時の顔の表情が特徴ですね。他に出演している「逆転の名手」もおすすめです。そして何と言ってもアン・ソンギでしょ。彼が出演しているからこそ、この映画が単なるアクションコメディでも、格を一つ上げているように思います。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑やっぱり映画っていいなと思っている方は、クリックお願いします。

2006/05/02 19:34 | 韓国映画(ア)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。