スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

僕の婚約者の話 Story Of My Fiancee

今月見た映画の中で「私の結婚遠征記」や「君は僕の運命」の話を韓国から来ている人としていたら、この「僕の婚約者の話」の話になりました。1時間くらいのドラマなんですけど、結構よかったから見てくださいよー、とすすめてくれた。せっかくだし、連続ドラマじゃないし、1時間くらいだったら字幕がなくても2回見たら理解できるだろうと、軽い気持ちで鑑賞しました。ちなみに1話完結で1時間くらいのドラマはDVDになるのは珍しいそうです。日本でもそうですけどね…。

(ドラマ)僕の婚約者の話 내 약혼녀 이야기
監督 : キム・ジンマン
主演 : キム・グッチン、ホ・ヨンナン

僕の婚約者の話【ストーリー】
映画「パイラン」をパロディにしたベスト劇場。
農村の独身男チョンホは、結婚相談所を通して出会った朝鮮族のホンメと婚約する。しかし、彼の初恋だったソナが突然現れてチョンホの心は揺れ動いてしまう。そんなことは知らないホンメは、チョンホの住む韓国へとやってくるのだが…。

僕の婚約者の話【感想】
1時間のドラマだと、これだけの内容は詰め込み過ぎかなーと感じてしまいます。時間の制約があるからしょうがないのでしょう。映画「パイラン」と比べてしまうのはあまりにも酷なので、その辺の感想は控えさせて頂きますが、でもホンメ役のホ・ヨンナンは可愛かったですね。表情一つ一つがたまらなくよかったです。もう惚れてしまいそうです(w)。ドラマの終わりも“あーよかった”と思えて、めでたしめでたしって感じです。
ちょっと感想が短めですが、おすすめのドラマですよ。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑たまにはドラマもいいなと思った方は、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2006/03/26 17:51 | 韓国ドラマCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

花咲く春が来れば When Spring Comes

花咲く春が来れば 꽃피는 보이 오면
監督:リュ・ジャンハ
出演:チェ・ミンシク、キム・ホジョン、チャン・シニョン、
   ユン・ヨジョン、キム・ヨンオク、イ・ジェウン

花咲く春が来れば【解説とストーリー】
チェ・ミンシク主演による感動ドラマ。夢破れて目的を失った中年男性が、赴任した炭鉱町で出会った人々と交流を通じて人間的に成長していく姿を、優しく丁寧なタッチで綴ってゆく。監督は「八月のクリスマス」「春の日は過ぎゆく」で助監督を務め、これが監督デビューのリュ・ジャンハ。
主婦たちを相手に市民講座でクラシック音楽を指導しているイ・ヒョヌは、トランペッターとして交響楽団のメンバーになる夢を持っていたがそれもかなわず、恋人のヨニとも別れてしまう。ソウルの古びた一軒家から、ヒョヌと母親はマンションに引っ越す。何かと心配し小言をいう母親をつい煙たがってしまうヒョヌは、江原道の小さな炭鉱町道渓(トゲ)にある中学校の臨時教員を募集していることを知り、吹奏楽部を指導することになる。かつては全国大会で入賞したこともあった吹奏楽部だが、町の衰退と共に部員も減り運営の資金繰りは厳しく、音楽コンクールで入賞しなければ、廃部になってしまのだ。生徒たちの音楽への情熱を感じ取ったヒョヌは、全員で不可能とも思える夢に挑戦することを決心する…。

花咲く春が来れば【感想】
心温まるいい映画です。ヒョヌが江原道の小さな街で一人暮らすようになり、いろんな人たちと出会います。その出会ったひとり一人それぞれいろんな事情があり、そのふれあいが実に細かく表現されているように思いました。たとえかなわぬ夢でも一人で生きているんじゃないんだと心から思います。もちろん世の中優しい人ばかりじゃありませんが、この映画ではそういう人は一人も出てきません。辛くても頑張るし、人に対して優しい心を持っているなと感じさせてくれます。特に家族の関係は、普段なにげなしに暮らしていると忘れがちな気持ちを呼び起こしてくれる気がします。
出演者全員に暖かみを感じ、とてもいい雰囲気をだしていますが、また今回も子役でイ・ジェウン君がいい演技をしています。
しかし、一体いつになったら私に“花咲く春”が来るのでしょうか? 頑張りましょう。(w)

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑やっぱり映画っていいなと思っている方は、クリックお願いします。

2006/03/22 00:42 | 韓国映画(ハ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

家門の危機 - 家門の栄光 2 (Marrying the Mafia 2)

家門の危機 - 家門の栄光2 가문의 위기-가문의 영광2
監督:チョン・ヨンギ
出演:シン・ヒョンジュン、キム・ウォニ、キム・スミ、
   タク・チェフン、イム・ヒョンジュン、コン・ヒョンジン

家門の危機【解説とストーリー】
2002年に観客動員530万人を突破した大ヒットコメディ「大変な結婚(原題:家門の栄光)」の第2弾。ヤクザ一家の跡取り息子が検事を嫁に迎えようとするのだから、さあ大変。「ガン&トークス」のシン・ヒョンジュンが、話題を呼んだドラマ「天国の階段」のシリアスなイメージとは全く異なる、超コミカルな演技を披露している。そのほか、コミカルな演技に定評のあるキム・ウォニ(「ウララ・シスターズ」)やキム・スミ(「麻婆島」)らが集結し、強烈な爆笑コメディに仕上がっている。また、「大変な結婚」のチョン・ジュノもカメオ出演している。
ヤクザの名家:百虎派の女親分ホン・ドクチャ(キム・スミ)は、家門の体質改善のため、3人の息子に「自分の還暦までにエリートの嫁を連れて来い」と命令する。中でも跡取りである長男インジェ(シン・ヒョンジュン)の結婚はドクチャの最大の気掛かり。実は、インジェは初恋の女性を事故で失って以来、女性に関心を示さなくなっていたのだ。そんな彼も、初恋の女性に瓜二つのジンギョン(キム・ウォニ)に出会い一目で恋に落ちる。しかし、彼女はヤクザを相手に日々闘っているソウル地検凶悪犯罪部の検事だった。果たして、彼らは結婚することができるのか…。(yesasiaより)

家門の栄光2【感想】
前作の「大変な結婚(原題:家門の栄光)」はコメディーというよりラブストーリーを重点的に描かれていましたが、今回はラブストーリーもあるけれど、コメディー色満載です。笑いの要素を随所に散りばめていて、飽きることなく見ることができるし、それぞれの俳優さんの持ち味が発揮されている映画のように思います。前作を知らなくても十分に楽しめる映画ですが、やはり前の映画を見ておくと、より一層楽しめることは間違いなしです。
私はこの映画でシン・ヒョンジュンに対するイメージが一変しました。正直それまであまり好きな俳優さんではなかったのですが、今回は好印象を受けました。かっこいいけど、面白い、そんなところがいいですね。そしてホン・ドクチャ役のキム・スミは、さすがに迫力あります。先日書いた「ミスター主夫クイズ王」でもいいオモニでしたね。キム・ウォニもめちゃかわいかったし、こういう映画には欠かせないコン・ヒョンジンももちろんですが、シニがまたまた独特な演技を披露してくれています。「B型の彼氏」の時にも書きましたが、そういう演技が彼女の中で確立しているのかもしれませんね。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑やっぱり映画っていいなと思っている方は、クリックお願いします。

2006/03/21 18:06 | 韓国映画(カ)COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

親知らず(Sarangni)

親知らず 사랑니(Sarangni)
監督:チョン・ジウ
出演:キム・ジョンウン、イ・テソン、キム・ヨンジェ、チョン・ユミ
【解説とストーリー】
「ハッピーエンド」で知られるチョン・ジウ監督の長編第2作。初恋の痛みを忘れることができない30歳のヒロインが、初恋の人に似た13歳年下の高校生を愛するという大胆な設定が話題を集めた作品。「大変な結婚」、TVドラマ「パリの恋人」で、キュートでコミカルな主人公を演じてきたキム・ジョンウンが、これまでのイメージを打ち破り、大人の女性を演じたことも注目を集めた。回想と現実の時間を交え、混乱する恋におちた女性の繊細な心理をみずみずしく描いている新しい感覚の作品だ。
予備校講師のイニョン(キム・ジョンウン)は、30歳になった今でも、高校時代の初恋の痛みを抱えている。そんな彼女の前に、初恋の人に瓜二つで、しかも同じ名前をもつ17歳のイソク(イ・テソン)が現れる。鮮やかによみがえる初恋の思い出に揺れ、イソクに心を奪われてしまうイニョン。一方、高校生のイソクも美しいイニョンに惹かれてゆく。やがて彼女たちは、年齢の差や教師と生徒という立場にとらわれず、周囲の目も気にすることなく、堂々と愛し合うようになる。しかし、イニョンのルームメイトで、高校の同級生でもあるジョンウには、17歳のイソクが彼女の初恋の人に似ているとは到底思えなかった。初恋の幻影に囚われ、13歳も年下のイソクとの恋に溺れるイニョンを見かねたジョンウは、イニョンの本当の初恋の人である30歳になったイソクを、彼女の目の前に連れてくる。(yesasiaより)

親知らず【感想】
英語字幕での鑑賞で、見終わったあと映画の構成がうまく理解できず、所々を再度見直しました。それでもちゃんと理解できたかどうかは不明ですが、せっかくですので、今現在の感想を書くことにします。
全体としては静かで、ファンタジックな印象を受けました。キム・ジョンウンのキラキラ光る瞳は健在ですが、とても物静かです。唯一17歳のイニョン(チョン・ユミ)だけが感情をあらわにしていますが、むしろそれがとても普通に思えます。チョン・ユミは、なかなか表情のある女優さんですね。
もし自分が17歳のイソクだったら、もうメロメロになっちゃうだろうな、などと思いながら映画を見ていましたが、女の人の場合はどうなのでしょう。ちょっと知りたい気がします。
タイトルの「親知らず」は、恋の痛みも親知らずの痛みも年齢には関係なく同じだってことなんですよね、たぶん。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑やっぱり映画っていいなと思っている方は、クリックお願いします。

2006/03/19 18:04 | 韓国映画(ア)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ミスター主夫クイズ王

ミスター主夫クイズ王 미스터 주부퀴즈왕
監督:ユ・ソンドン
出演:ハン・ソッキュ、シン・ウンギョン、コン・ヒョンジン

ミスター主夫クイズ王【解説とストーリー】
ハン・ソッキュ、シン・ウンギョン主演による“男性専業主夫”を描いた愉快なコミック映画。シン・ウンギョンは子供を出産してからの復帰第一作となる。
ジンマン(ハン・ソッキュ)は名門大学を出たエリート会社員だったが、会社を辞め専業主夫となり6年が経つ。妻のスヒ(シン・ウンギョン)は、テレビ局の第一線で働く女性として朝早く出勤し夜遅い毎日。ジンマンは主夫として家事や子育てを切り盛りする毎日に生きがいもあり、周囲の主婦たちとも仲良くやっている。そんなジンマンは訳あって主婦クイズショーに出演することになる。テレビ出演で一躍有名人になるが、ジンマン家には思いがけない出来事が起こり始める…。

ミスター主夫クイズ王【感想】
ポスターを見たときに、これはコン・ヒョンジンも出ているし面白いだろうな、と思って見たのですが、ちょっと期待とは違った面白さでした。面白いというよりも感動的と言った方がいいかもしれません。心温まる家族映画に仕上がっていたと思います。
エリート会社員が家庭で主夫として働くといったテーマは、日本でもドラマでありましたが、韓国でも同じなんですね。当然周囲の目も気になるところでしょうが、これからはそういった後ろめたさみたいなものは、無くなっていくのでしょう。
ハン・ソッキュはこういった役が一番似合っているようにも思えますし、シン・ウンギョンも表情が以前よりも豊かになったように思え、それぞれ新しい発見があったなぁと思います。そしてコン・ヒョンジン。今回はいつものイメージとは違ってちょっと控えめです。しかし控えめといってもそんな役を演じさせたら天下一品ですね。それからもう一つ、今回もすばらしい子役が出演していました。韓国は子役が本当に豊富だなあと感心させられます。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑やっぱり映画っていいなと思っている方は、クリックお願いします。

2006/03/12 20:41 | 韓国映画(マ・ヤ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

君は僕の運命 You're My Sunshine !

君は僕の運命 너는 내 운명(You're My Sunshine !)

監督:パク・ジンピョ
出演:チョン・ドヨン、ファン・ジョンミン、ナ・ムンヒ
君は僕の運命【解説とストーリー】
パク・ジンピョ監督の長編第2作目。チョン・ドヨンとファン・ジョンミン主演による、実話をもとにしたとされるラブストーリー。田舎の牧場で牛を育てながら可愛い妻と幸せに暮らすのが人生の夢であるという、婚期を過ぎた独身男が田舎のタバン(茶房)のホステスに惚れてしまった最高の純真な愛の物語。
農村に住む36歳の独身男ソクチュン(ファン・ジョンミン)は、ソウルからやって来たスクーターに乗るウナ(チョン・ドヨン)に一目惚れしてしまう。それからは彼にとって彼女はまさに天使のような存在になり、暇さえあればウナの働く喫茶店に通いだす。そしてなんとか親しくなろうとするソクチュンは、新鮮な牛乳とバラの花をプレゼントを続けるが、愛というものを信じようとしなかったウナは、簡単には受け入れようとはしなかった。そんな時、偶然彼女の涙を見て彼女も実は愛されながら幸せに暮らしたいと思っていることを知る。彼は世の中で一番幸せにすると告白し、二人に幸福な時間が訪れる。しかしソクチュンはショッキングな事実を知らされる。ウナはエイズに感染していたのだ。周囲の誰もが彼女を諦めるように諭すのだが…。

お前は私の運命【感想】
誰かを好きになったら、どうして好きになったとか、なぜそんなに好きなのかとか、全く関係ないですね。映画でもそのように描かれているし、納得の1本です。たとえエイズになろうがどうなろうが、思いは自分が納得するまで続くのでしょう。そういう思いがヒシヒシと伝わってきます。ストーリーはとてもわかりやすいので、後はお互いの気持ちがどれだけ表現できるかといった部分で、見る者に感動を与えることができたのは、チョン・ドヨンとファン・ジョンミン、この二人だからなのかと思います。特に後半は盛り上げていますね。面会所でスピーカーを壊して、二人で手をつなぐシーンはもう涙ものです。しかし、やはり周りの人はそうはいかないでしょうね。その辺もしっかり描かれていると思います。
最後は一応ハッピーエンド的な終わり方をしていますが、やがて訪れるであろう別れを思うと、より一層切なくなってしまいます。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ますます韓国映画が面白くなってきたなと思っている方は、クリックお願いします。

2006/03/09 06:17 | 韓国映画(カ)COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

私の結婚遠征記

私の結婚遠征記 나의 결혼원정기
監督:ファン・ビョングク
出演:チョン・ジェヨン、スエ、ユ・ジュンサン

私の結婚遠征記【解説とストーリー】
農村に暮らす独身男性が、花嫁探しにウズベキスタンまで出かけていく姿をコミカルに描いたヒューマン・ドラマ。出演は「小さな恋のステップ」のチョン・ジェヨン、「家族」のスエ、「ショー・ショー・ショー」のユ・ジュンサン。
農家の息子マンテク(チョン・ジェヨン)は38歳になるが、女性の顔をまともに見ることもできないウブな男で未だに独身だ。幼なじみのフィチョル(ユ・ジュンサン)は、マンテクと対照的な性格で、調子の良い奴なのだがやはり女性には縁がなく、マンテクと同じ独身だ。そんなある日マンテクの祖父が近所でウズベキスタンからやって来た花嫁を見かけ、祖父にウズベキスタンでのお見合いを勧めらる。そしてマンテクとフィチョルは、花嫁を求めてウズベキスタンへと旅立つことになった。ウズベキスタンに到着したマンテクは、早速お見合いを始めるものの、緊張のために失敗の連続。お見合い業者スタッフの担当通訳官でカップルマネジャーのララ(スエ)は、マンテクにウズベキスタンの挨拶の言葉から見合いのマナーまでを、一生懸命教えるのだが…。

My Wedding Campaign【感想】
なかなか面白い映画でした。舞台となるウズベキスタンは、正直どんな国なのかはよくわかりませんが、映画の舞台としての雰囲気がありましたね。町並みやパレードなど…。ウズベキスタンが、正直どんな国なのかわからないというのは恥ずかしながら本当で、私が子供の頃はその辺りの国々はみんなソビエト連邦の共和国でしたから、どのような生活様式で、どんな暮らしぶりなのか詳しくわかりません。ちょっと話がそれてしまいました。
で、「知り合いの女(小さな恋のステップ)」の時にも似たようなことを書いたと思うのですが、チョン・ジェヨンは「シルミド」の硬派なイメージの役柄とは違い、とても親しみを感じる役でしたね。田舎の純朴な男性を好演していて、逆にそこまでかっこわるくならんでもいいのにと思ってしまうくらい熱演しています。幼なじみ役のユ・ジュンサンのヤクザ風パーマ頭もおかしかったですね。そしてララ役のスエ、もう最高です。以前「家族」という映画でなかなか良いなと思っていたのですが(その感想は別の機会に必ず書きます)、今回もグッときてしまいました。ちょっと陰のある役柄とか、そんな雰囲気が私にはたまらなく魅力的に思えてなりません。またお気に入りの役者さんが増えてしまったって感じてす。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ますます韓国映画が面白くなってきたなと思っている方は、クリックお願いします。

2006/03/08 00:10 | 韓国映画(ラ・ワ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

サッド・ムービー Sad Movie

サッド・ムービー Sad Movie
監督:クォン・ジョンクァン
出演:チョン・ウソン、イム・スジョン、
   チャ・テヒョン、ヨム・ジョンア、シン・ミナ

Sad Movie【ストーリー】
別離がとても身近にあるという事を、彼らは少しも気づかない。人生で一番きらめき輝いて美しい別離に向い合うことになるあなたに似た八人、世の中の一番大事な人に送る彼らの美しい告白が始まります…。
三十歳の消防員は可愛らしい彼女と一生を共にするために指輪を選びます。そしてプロポーズの機会を待っています。
長い間愛したプー太郎男と、心の深い女はますます疲れて行きます。そんな男が見つけた仕事は、別れをその人に変わって告げる仕事です。
お母さんの胸が恋しい八歳の小僧は、忙しすぎるお母さんと戦争の中です。しかしこの親子は一緒に暮らせる時間が長くないとわかってしまいます。
聞くことができない彼女は、顔の傷を隠して彼の後姿を追って初恋を夢見ます。そんな彼女は勇気を持って彼に本当の自分を見てもらいます。

サッド・ムービー【感想】
この前見た「私の生涯で最も美しい一週間」とこんなにも似ているなんて…。ちょっと信じられません。三組のカップルと一組の親子(私の生涯で最も美しい一週間の親子は擬似親子だが)。構成も同じく、オムニバス風だがそれぞれがみな絡んでいる。“韓国ではよくあるんですよ”と聞いたことがあるのですが、公開もほぼ同時期だし、びっくりしてしまいます。
で、私としては出演している俳優さんが私の好みというか、お気に入りがたくさんだったせいかもしれませんが、こちらの方が断然良かったです。それにそれぞれの話の絡み方がずっと自然に感じられました。「私の生涯で最も美しい一週間」では、ストーリーのつなぎに違和感を覚えましたが、「サッド・ムービー」では、それぞれの人たちが、ごく自然に生活していく中で同時進行していって、落ち着いて見ることができます。似通った映画が二回目だからそう思えたのかもしれませんが、「サッド・ムービー」の方がずっと心に残る気がします。
出演者を見てみると、「私の生涯で最も美しい一週間」にも負けないくらい豪華に思うのですが、あまり自分を主張しない演技も、見る者を自然な感じで鑑賞できるような印象を受けました。
見終わった後の感想が、こちらの方がずっと悲しいはずなのに、心が温かくなったのはなぜでしょう…?。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑よくもこれだけ似た映画が同時期に公開されたものだと思った方は、クリックお願いします。

2006/03/07 14:38 | 韓国映画(サ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

私の生涯で最も美しい一週間

私の生涯で最も美しい一週間 내생애 가장 아름다운 일주일
監督:ミン・ギュドン
出演:オム・ジョンファ、ファン・ジョンミン、イム・チャンジョン 他
私の生涯で最も美しい一週間
【解説とストーリー】
 「少女たちの遺言」でデビューしたミン・ギュドン監督の第2作目。カップルたちのストーリーをそれぞれ進行させつつ、登場人物を互いに交流させてクライマックスを迎えるという構成の巧みさも注目され、監督の手腕が高く評価された。また演技派の俳優が一堂に会したことも話題になった。
 TVの討論番組で激論を交わし、それが出会いのきっかけとなった勝気な精神科医ユジョン(オム・ジョンファ)と、タフだけど女性には弱いナ刑事(ファン・ジョンミン)。どんなに苦しくても新婚生活は甘くなければならないと信じて、地下鉄で物を売りながら生計を立てている、チョンス(イム・チャンジョン)とその妻ソンエ(ソ・ヨンヒ)。ある日突然幼い女の子から「パパ」と呼ばれ、不治の病にかかった初恋の人の娘(キム・ユジョン)と、その父親役を演じなければならない元バスケットボール選手ソンウォン(キム・スロ)。オードリー・ヘプバーンの面影をもつ女性に愛を伝えたいと願う初老の劇場主カク会長。アイドル歌手のチョンフンに心を奪われている見習い修道女のスギョン。頑固で友人を死に追いやった冷静な事業家と、唯一彼を理解してくれる男性家政婦の話。一週間という限定された時間の中で一番輝ける恋愛をする多重ストーリー、彼らの美しい愛の物語を綴る…。

私の生涯で最も美しい一週間【感想】
オムニバスをそれぞれ同時に進行させ、ちょっとずつ関連を持たせている構成になっている映画です。が、それぞれの物語は、こんなに複雑に絡めなくてもよかったんじゃないかと思います。一つ一つをもっと深く表現していけば、それで立派な短編ができそうにも思うのですが、どうでしょう。構成の巧さが逆に内容をちょっと足らないものにしてしまったように思えて残念です。これだけの俳優さんたちが出演していて、皆それぞれが主人公しちゃってますから、見ているこちらはオロオロしちゃいます(w)。
ですがやはり出演している俳優さんたちは、皆すばらしい演技でした。特にキム・スロはちょっと今までと違った印象を受けました。“優しいお父さんも似合うなー”なんてね。それから麻婆島(マパド)に出ていたソ・ヨンヒもよかったように思います。
最後はみなそれぞれにホッとする終わり方ですので、盛りだくさんが好きな方には超おすすめの映画になるかもしれませんね。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ラブストーリーが好きって方は、クリックお願いします。

2006/03/01 22:08 | 韓国映画(ラ・ワ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。