スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

旅行者 A Brand New Life

原題:旅行者 여행자
仏題:Une vie toute neuve

監督:ウニ・ルコント
出演:キム・セロン、パク・トヨン、コ・アソン、パク・ミョンシン、オ・マンソク

1970年代中頃、韓国のある保育院を背景に、子供たちが先天的に持っている関係回復能力を監督自身の経験に土台をおいて描いた作品。旅行者
父から服と靴を買ってもらい、一緒に食事をして帰って来たチニは9歳。明日になれば、一緒に旅行に出かけるという思いに胸がときめく。次の日、父と一緒にバスに乗って出かけたチニの行き先は保育院だった。父は友だちと仲良く過ごせという言葉だけを残して去っていってしまった。父が自分を捨てたという事実を信じられないチニは、話もせずご飯も食べずに保育院を抜け出そうと抵抗してみる。しかし誰も自分の心を認めてくれる人もなく、行く所もないことを知る。やがてチニは少し年上のスッキと仲良くなる。スッキは何とか条件のいい西洋人の家の養子になろうと、やってくる西洋人の家族に思いっきり愛想を振りまく。その横で家族に気に入られても、父親が迎えに来ると堅く思い込もうとするチニは全く愛想がない。だがスッキは自分が養子に行くことが決まったら、一緒に養子になろうと約束してくれる。チニは徐々に自身の立場を悟り、少しずつ父との別れを準備する…。

Une vie toute neuve【感想】
映画を見ていて以前鑑賞した「木のない山」という映画を思い出しました。境遇は似ていますが、今回は9歳の女の子。周りの状況がそれなりに理解できる年頃です。監督自身が経験したという自伝的映画ということですが、苦労された監督さんなのですね。
はじめ、チニとお父さんのシーンが続きますが、ずっとチニがアップです。お父さんは後ろ姿ばかりで顔がわかりません。唯一別れの1シーンでのみ顔がわかります。なんだかとても悲しいです。やがて保育院での生活が続きますが、しきりに院長に“自分は孤児じゃない、お父さんに電話をしてくれ”と頼みます。この辺が「木のない山」に出て来た6歳の女の子と、今回のチニの違いでしょう。一生懸命自分を訴えても受け入れてくれない周囲と、だんだん自分の立場を理解したくなくても、しなければならない状況。スッキのように自分も変わらなければならないんだと悟るようになる。そういう変化がよく見れてとれます。この映画は子供たちの表情などが決め手だと思うのですが、さすがです。(拍手)


☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

--
ここからはちょっと宣伝。
無料でホームページのテンプレートを配布しています。興味のある方はぜひご覧ください。

スポンサーサイト

2010/08/04 17:52 | 韓国映画(ラ・ワ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

私の生涯で最悪の男 The Worst Guy Ever

私の生涯で最悪の男 내 생애 최악의 남자
監督:ソン・ヒョニ
出演:ヨム・ジョンア、タク・チェフン、ユン・ジミン、シン・ソンノク

私の生涯で最悪の男チュヨンとソンテは10年来の付き合いがある友達同士。チュヨンの周りの友人たちは皆結婚しており、残ったのチュヨンだけ。ある日2人は酒を飲んだ2次会で、酔った勢いで一夜を共にしてしまう。目が覚めてびっくり、そんな出来事から永遠の友情を確かめるべく、再び2人でお酒を飲むが、目が覚めれば同じ事を繰り返していた。仕方なく2人は結局結婚することに。だが新婚の甘い夢もつかの間、結婚式の翌日、チェヨンの前に広告関係に勤めるまさに理想のタイプ、チェフンが現れる。そしてソンテにも魅力的な女性ミヨンが現れ惹かれてしまう。2人のこれからはどうなるの…。

【感想】
いくつも同じような映画を見ていると、次にどんな展開が訪れるのか想像できてしまう。それはそれで楽しかったりもするのだけれど、はじめから分かってしまうのは面白くない。この映画はそんな感じの映画でしたね。もうタイトルからしてそうですもんね。最悪の男は反対から見れば最悪の女で、お互い腐れ縁の関係かな。The Worst Guy Everでもね、映画に出てくる2人はそんなに悪くないですよね。結構それなりに魅力的だったりして。逆に、理想のタイプと降って湧いたように出てきた相手役の2人に魅力を感じなかったってのが、この映画の残念な部分かな、と私は思う。魅力を感じない映像を続けて見ていても、結果が想像できてしまうだけにしんどいです。でもコメディらしく、お互い様的な部分があって、もしこれがどちらか片方だったら、それこそ悲しい物語になっちゃいますもんね。10年間も友達同士だったら、大したもの。酔った相手をおぶって帰るほど親しいのなら、それはそれで凄いことだよね。「私の生涯で最悪の男」ってのは“最良の男”だったってことですね。
この映画の中で、タク・チェフンつながりかどうかは知りませんが、シン・ヒョンジュンとシニがちょこっと顔を出しています。特徴あるこの2人はすぐに分かりますね。キム・ソナも出ていたらしいですが、気がつきませんでした。ちょっと残念…。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2008/11/06 14:21 | 韓国映画(ラ・ワ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ワンス・アポン・ア・タイム ONCE UPON A TIME

ワンス・アポン・ア・タイム 원스 어폰 어 타임
監督:チョン・ヨンギ
出演:パク・ヨンウ、イ・ボヨン、キム・スヒョン、ソン・ドンイル、キム・ウンス

ワンス・アポン・ア・タイム1940年代の京城。日帝統治下で、自分の名前を改名してこそ生き残れた混乱の時代。日本軍部は、朝鮮に駐留して以来、新羅千年の象徴と呼ばれた石窟庵本尊仏像の、眉間白毫相額に刺されていたダイヤモンド<東方の光>を探すために血眼になっていた。そして日本軍部の総監は、執拗な努力の末に、<東方の光>を手に入れることに成功する。勝利を祝うと同時に、一日も早く日本へ移送するため、<東方の光>歓送会を開催することになる。一方、前途有望な財力家と知られていたが、実状は千の顔を持った京城最高の詐欺師ポングは、<東方の光>を手に入れるために、猫かぶり100段、京城一のジャズ歌手春子(チュンジャ)に<東方の光>歓送会席に同行しようといって、高価なダイヤ指輪を武器に彼女を誘惑する。しかし、彼女も京城一の泥棒ヘダンファ(海棠花)として<東方の光>を盗む計画をしていた。お互いの正体を知らないポングとチュンジャは、それぞれ違ったもくろみで、値段を付けられない高価な<東方の光>を手に入れるための野心に満ちた作戦を開始するが…。

ONCE UPON A TIME【感想】
詐欺と泥棒の映画と言えば「犯罪の再構成(The Big Swindle)」を思い出すのですが、この映画はそれほど痛快ではありませんでした。ストーリーの構図が日本軍部と詐欺師、それから独立軍との争いになっていて、ミッションの攻防戦と言ったものは少なくなってしまい、泥棒ものの映画としてはちょっと物足りなかったですね。その代わり、それぞれの駆け引きが見られたのですが、それもなんだかねー。まず、細かいようだけど、小さなところの作り込みがなってないですね。ドラマならまだしも、映画ですから、小さなところまでちゃんと作ってほしいですよね。日本統治下の京城で横断幕が張られているのですが、もうめちゃくちゃだし、たとえ日本人が見ることなど想定してなくても、しっかりとした作り込みというのは、日本でしたら当たり前でも、韓国のケンチャナヨ精神にはそれほど大差無いのですかね。映画の冒頭で日本語での会話が続くのですが、何を言っているのかよく聞き取れません。その他映画の中で韓国語でしゃべっていても返事だけは“はいっ”ってのは違和感がありました。
この映画で一番良かったと思うところは、ミネルバーの社長(ソン・ドンイル)とミネルバーの料理人(チョ・ヒボン)ですね。この二人のコンビが、他の出演者の足りない部分をしっかり補っていたように思います。ポング役のパク・ヨンウ、主演らしく見えないところが残念。イ・ボヨン演じる春子はしっかり悪役に徹していて好感が持てます。日本軍部の総監役のキム・ウンスは以前も日本人役で見たことがあるのですが、結構似合っていますよね。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2008/08/03 15:51 | 韓国映画(ラ・ワ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

私の恋 My Love

私の恋 내 사랑
監督:イ・ハン
出演:カム・ウソン、チェ・ガンヒ、チョン・イル、イ・ヨニ、
    ム・テウン、リュ・スンニョン、イム・ジョンウン

私の恋神出鬼没なチュウォンと、彼女をとても愛している地下鉄機関士のセジン。
片思いする先輩チウに“焼酎一本飲めるようになるまで酒を教えて下さい”という爆弾発言をしてしまったソヒョン。
息子と二人で暮らしているコピーライターのジョンソク。彼にいつもひじ鉄砲を食らって、自尊心が傷つけられるけど、それでも「ひまわり純愛譜」をやめることができないスジョン。
別れた恋人に会うために、6年ぶりに故国に戻ったフリーハグ活動家ジンマン。
いつも自分の恋に不安だったり、ときめいたり、つらかったり、そんな彼らに一生にたった一度でも見られるのが難しいという皆既日食が訪れる。太陽と月が出会って、世の中が目を閉じてしまう瞬間。彼らは、星のように降ってくる奇跡の瞬間を迎えるようになる…。

My Love【感想】(ネタバレ感想です。)
映画のポスターを見たときに、「私の生涯で最も美しい一週間」とか「サッド・ムービー」を思い浮かべたのですが、思った通りでしたね。ここの所あまりメローな映画は見ていなかったので、久しぶりにメローな映画を見た気がします。この「私の恋」が「私の生涯で最も美しい一週間」や「サッド・ムービー」とちょっと違う所は、全てハッピーエンドとか、全て悲しい終わり方といった、偏ったものではなく、それこそちょっと欲張りなてんこ盛りって感じです。ただ全体の雰囲気が似ているので、どうしても比べてしまうのは仕方ないですね。
四つのエピソードの中で一番良かったのが、やはり地下鉄機関士のセジンと、神出鬼没な恋人チュウォンのエピソードですかね。大体はこのストーリーが中心となっていたように思うのですが、この一組だけでも一本の映画になるような気がします。神出鬼没なチュウォンは魅力的だし、これだけでも十分二時間の物語は出来ますよね。
そして次は、コピーライターのジョンソクとスジョンのエピソード。このエピソードも、よく考えてみると一本の映画になる要素を持っていますよね。スジョンは女性としてジョンソクを深く慕っていて、ジョンソクは、亡き妻の面影を引きずっており、息子がそれを冷静に見ている。ジョンソク役のリュ・スンニョンは、「偉大なる系譜」や「11番目のママ」のようなちょっと悪な男のイメージが強かったのですが、今回はちょっと違っていましたね。
一本の映画でこのようなストーリーを見れることはうれしいような、もったいないような、そんな気がします。で、残りの二つは正直、あってもなくてもいいような気がしましたが、“焼酎一本飲めるようになるまで酒を教えて下さい”とは凄いですね。そんなコメディ映画が出来れば面白いかもしれませんね。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2008/07/10 16:57 | 韓国映画(ラ・ワ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

里長と郡守 Small Town Rivals

里長と郡守 이장과 군수
監督:チャン・ギュソン
出演:チャ・スンウォン、ユ・ヘジン、ピョン・ヒボン、チェ・ジョンウォン

里長と郡守小・中・高と、いつも学級委員長を務めていた男と、常に副委員長に甘んじていた男が、里長と郡守という逆の立場となって再会し、火花を散らす現実風刺コメディー。
普段、村の老人と一緒に花札に没頭し、痴呆の父親の面倒を見ている平凡な田舍のオールド・チョンガー チョ・チュンサム(チャ・スンウォン)。山奥の平穏な村、カンドク郡サンチョン2里。この里長が突然亡くなり、急遽後任を選ぶことに。「次の里長は若い者に」という長老の一言で、強引に新里長に任命される。学生時代は常に学級委員長を務めていたチュンサムだが、突然こんな大役を任されて戸惑うばかり。そんな中、彼は学生時代の友人ノ・テギュ(ユ・ヘジン)が、郡守選挙に出馬するというニュースを聞き、妙な競争心と嫉妬心に駆られる。結局デギュが最年少“郡守”になり、彼らは過去の班長と副班長が、現在の“里長”と“郡守”という立場にひっくり返り再会する日がやってくる…。

Small Town Rivals【感想】(ネタバレ感想です)
里長と郡守…、鑑賞する前これは何やろと思い調べてみると、日本式にわかりやすく言い換えれば、“村長”と“市長”って感じでしょうかね。で、この映画は現実風刺コメディーと言うことらしいですが、笑いもなく、涙もなく、悪くはないのだけれど、なんだかちょっと物足りない印象でした。でも悪くはなかったですよ。
子供の頃いつも一番だったチュンサムが、田舎で農作業をしながら父親の面倒をみて暮らしている。方や子供の頃いつも二番手だったテギュは、学生のときのマドンナとも結婚し、出世して幸せな家庭を持っている。その辺がこの映画の見所なのでしょう。私が一番印象的だったのは、テギュの母親ですね。子供のときの二人の関係を知っているのか知らずにいるのか、そんなことは別にして、チュンサムとテギュの心をつなぐ、大事な存在でしたね。
チャ・スンウォンは、田舎の青年がこれほど似合うとは思っていませんでしたが、今回はそれより、ユ・ヘジンが最高でしたね。数多くの映画に出演していますが、主役級はあまりないでしょう。それからこんな感じの映画は、脇がしっかりとしていないと面白くないと思うのですが、今回のピョン・ヒボンは、ばっちりでしたね。まあ、彼はいつもいい演技をしますから当然と言えばそれまでですかね。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2008/01/16 21:35 | 韓国映画(ラ・ワ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

礼儀なき者たち No Mercy for the Rude

礼儀なき者たち 예의없는 것들
監督:パク・チョルヒ
出演:シン・ハギュン、ユン・ジヘ、キム・ミンジュン

礼儀なき者たち舌が短いため、しゃべることにコンプレックスがあり、人と話さずに出来る仕事として殺し屋になったというキラー(シン・ハギュン)。彼は1億ウォンさえあれば舌の手術ができるという事実を知り、ひたすら仕事をこなしていく。ひざの故障でバレエをあきらめ殺し屋になったバレエ(キム・ミンジュン)。キラーの兄貴的な存在のバレエから、“それなりのルールを決めるように”という忠告を受け、礼儀のない奴、不必要なゴミだけをヤルことにする。仕事の後、血の臭いを消すために強い酒を飲むキラー。彼が毎度立ち寄るバーには、彼に強引に言い寄ってくる彼女(ユン・ジヘ)がいる。彼は理解不可能な彼女に惑わされるが、何も話さない自分が好きだという彼女をなんだか押しのけることができない。もう少しで1億ウォンが貯まるまでなったある日、キラーはバレエと市場の再開発件で暴利を得ようとする奴の依頼を受けるようになる。手強い奴らという情報に注意深く仕事を進めるが、誤って別人を処理してしまう。舌の手術をして、彼女と一緒にスペインへ行って闘牛士になるというキラーの夢は、寄生虫のようなやつらによって妨げられるようになり…。

礼儀なき者たち【感想】
大まかなストーリーは単純なものかと思っていましたが、細かい部分が入り組んでおり、見終わった後によく整理して考えないと理解できないところが多かったです。キラーと彼女の関係はすぐに理解できたのですが、これは韓国の映画やドラマにはよく出てくるパターンで、幼い頃の思い出というか関係が、大人になった今に現れるというお決まりというか…。でも一体一緒に暮らすようになったあの子供はなんなんだろう…。判らないところが多すぎて、感想を書くのをやめようかと思ったくらいですが、でもこの映画、結構よかったように思いす。別に感動するわけでもなく、アクションがよかったとか、そういうことも無いのだけれど、出演者がみんな個性的というか、役所がよかったのかな。キラーは映画の中でほとんどしゃべりませんが、物語を語ってくれます。その語りに合った抜群の演技力をシン・ハギュンが見せてくれます。それから彼女を演じるユン・ジヘも、この映画のヒロインにはピッタリな気もしました。少し地味な感じでは否めませんが、子供の頃の自分と今のキラーと自分との関係、難しい役所をよく演じていたと思います。映画全体が盛り上がりに欠けるような印象はありますが、逆に私はそんなところが好きです。他の出演者たちも、自分の持ち味を少しずつ発揮しているところがいいですね。
韓国語で口のきけない人のことを“벙어리”って言うんですね。覚えなくてもいいような単語をまた一つ覚えました。(笑)

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2007/10/28 19:23 | 韓国映画(ラ・ワ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ラジオスター Radio Star

ラジオスター 라디오 스타
監督:イ・ジュニク
出演:パク・チュンフン、アン・ソンギ、チェ・ジョンユン

ラジオスターかつて人気のロックスターだったチェ・ゴン(パク・チュンフン)は、大麻や暴行事件などで、世間から忘れ去られた男。カフェで歌っていた彼は、過去の栄光を忘れられず客とケンカして留置所に入るほど落ちぶれていた。彼の20年来のマネージャーであるパク・ミンス(アン・ソンギ)は、チェ・ゴンが払わなければいけない和解金を、ある条件と共にもらえるという約束を取り付ける。ヨンウォル(寧越)という田舎の放送局の局長から出されたその条件とは、チェ・ゴンがその局でDJをするということ。しぶしぶ承知するも、番組のプロデューサーには、これまたヨンウォルに左遷されてきたカンPD(チェ・チョンユン)。カンPDの言うことを聞かずに好き勝手に番組を進めるチェ・ゴン。町の人々は放送に無関心だったが、ある日チェ・ゴンはコーヒーの配達に来たチョンノク(青緑)タバン(喫茶店)のキム嬢を即席ゲストで登場させる。彼女のメッセージが多くの人々の心を打って、そして放送は次第に住民たちの呼応を得るようになるが…。

Radio Star【感想】
アン・ソンギとパク・チュンフンのコンビで思い出すのは「チルスとマンス」。その映画が1988年の映画だから、今回の映画とちょっと関係ないところでかぶりますね。それはさておき、この映画、なかなかよかったですよ。何がよかったかって、やはりアン・ソンギですね。ヨレヨレのマネージャー役でしたが、人間味があり温か味があるんですね。韓流とかいって外見ばかりの俳優さんとは違って、見ていても安心できるというか、裏切ったりしないですね、うん。パク・チュンフンもそれなりによかったですね。期待を裏切るような態度といい、その落ちぶれたスターの役がピッタリというか(失礼)、過去の栄光にすがりついている姿は、見ていて腹立たしくもありますが、そんな演技もいいですね。それから気が強く頑固な女性PDのチェ・ジョンユンや、技師のチョン・ソギョンなどもよく見えました。ちょっと煩かったけどNO BRAINもこの映画の重要なポイントですね。とまあいろいろよかったと書いていますが、正直一番よかったのは、タバンのお姉ちゃんが、お母さんへの思いを語ったシーンが、私は一番心に残ります。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2007/05/21 23:16 | 韓国映画(ラ・ワ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。