スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

下女 The Housemaid (2010)

原題:下女 하녀 2010
監督:イム・サンス
出演:チョン・ドヨン、イ・ジョンジェ、ソウ、ユン・ヨジョン

下女(2010)
離婚後、食堂で働いていたウニ。乳児教育科を出たという履歴があるため、ある豪邸の家政婦になる。完璧に見える主のフン、双子を姙娠中の奥様ヘラ、自分を母親のように慕う六歳のナミ、そして家事を総括する年老いた家政婦のビョンシク。まだその生活は慣れないが楽しい。ある日、家族の別荘にお供するようになったウニは、自分の部屋にやって来たフンの誘惑に導かれて肉体関係を結んでしまうが、本能的な幸せを感じる。その後もウニとフンは、ヘラの目を盗んで激しい関係を続ける。だがすぐにビョンシクが二人の関係に気づき、平穏だった豪邸に緊張感が漂い始める。ビョンシクは、本人もまだ知らないウニの姙娠を、ヘラの母親であるミヒに知らせる。そして全てを知ったヘラは、自分のものを失わないように二人の関係を知らない振りをし、一方ギョンシクはこの事実を利用して利益を得ようとする。秘密は明らかになってしまうが、しかしウニは初めてできた自分の物を守ろうとする強い本能に捕らわれる…。

The Housemaid(2010)【感想】(ネタバレの恐れがありますのでご注意を!)
最近はもうほとんど韓国映画を見れていない状態だけど、この映画は何とか鑑賞したいと思っていた。前回、1960年のオリジナルを書いたけど、イム・サンス監督のこの作品もなかなか良くできたいたと思う。オリジナルのわかりやすい展開とはちょっと違って、人の内面的な部分が現代風にアレンジされている。オリジナルと一番違うところは家の主が彼女を誘惑したところだ。だから逆に今回はウニがかわいそうに思えてくる。この映画で一番憎く思えるのは奥さんの母親。この女にこそ復讐をと思う人は多いだろう。だがそうはならない…。この映画の最初と終わりが、どうも私にはしっくりこなかったのだけど、韓国の世相を表現しているのかと思えば納得できなくもない。でもこの映画とはどういう関係があるんだろう。…そんな関係はどうでもいいか。それよりこの映画は、隠そうとしなくても守ろうとし、奪うつもりが無くても利用しようとする、いろんな欲望が衝突する、見応えのある映画だ。
主演のチョン・ドヨン。もう言うこと無いですね。私は今回の主演が一番愛おしく見えました。心の痛みをそっと表現しています。彼女のすごいところですね。また裸体も存分に披露していますが、イヤらしさは感じません。(お風呂を掃除しているシーンは服を着ていてもセクシーでした。)
それから、今回はもう一人の下女、ユン・ヨジョン。彼女はキム・ギヨン監督の二番目の「火女」にも出演しています。ユン・ヨジョンって誰よ?って思えば「頑張れ!クムスンのおばあさん役」といえばすぐに顔も思い出せるでしょ。今回彼女も肌を露出していますが、正直あまり見たくはないですね。彼女はイム・サンス監督の映画では四本目になるのかな。
この映画もう一度見ればまた違った感想が出てくるかもしれません。そういう映画って私は好きです。


☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

--
ここからはちょっと宣伝。
無料でホームページのテンプレートを配布しています。興味のある方はぜひご覧ください。

スポンサーサイト

2010/07/13 02:39 | 韓国映画(カ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

下女 The Housemaid

原題:下女 하녀
監督:キム・ギヨン
出演:キム・ジンギュ、チュ・ズンニョ、イ・ウンシム

下女妻や子どもたちと幸せに暮らしているピアノ教師のトンシク。彼は、いつも内職に追われている妻が過労で倒れたことをきっかけに、教え子の女性の紹介で下女(家政婦)を雇うことにした。ところが、その家政婦ミョンジャはトンシクに執拗に肉体関係を迫り、ついに関係を持ってしまい、ついにはトンシクの子供を妊娠しまった。それを知った妻はミョンジャを無理矢理に説得し、階段から転落させミョンジャの子供を流産させてしまう。ところが偶然にも妻も妊娠していて無事に子供を出産する。それを知ったミョンジャは復讐と狂気で、家の中では下女と教師の妻という二人の立場が逆転し、この一家は破滅の道を進むこととなる…。

The Housemaid【感想】
この映画はキム・ギヨン監督の代表作とも言える作品です。先日チョン・ドヨンとイ・ジョンジェでリメイクされた「下女」が公開されているニュースを見ました。チョン・ドヨンとイ・ジョンジェが主演となれば、ぜひとも見てみたい映画ですが、まずはもとの映画を…。あれ…、実はこの映画は既に何回か見ていたのですが、ブログには書いていませんでした。てっきり書いていたものと思っていたけれど、ダメですね。リメイクされた「下女」も楽しみですが、まずは…。
この映画、確かに傑作です。私のつまらない感想などでは、語りきれません。特に後半の二人の女性の立場が逆転するところは、もうちょっと怖いくらいです。韓国では映画を見ているときに“アイゴー”などとよく声がかかるそうですが、この映画では観客の女性から“あの女を殺せ!”というやじが飛んだとか、そういう記事をどこかで見ました。確かにそんな感じの映画ではありますが、子役でアン・ソンギが出演したりしていて、マニアックなファンには見逃せないポイントかも知れませんね。
この映画は製作年が1960年で、第8回アジア映画祭に出品の作品でした。ところがこの映画祭では、開催国のフィリピンが「下女」をグランプリに推薦したものの、大映の圧力により小津監督の「秋日和」になり、以後フィリピンが映画祭を脱退したという因縁があるそうです。キム・ギヨン監督はその後、この映画と同じストーリーで「火女」(1971)と「火女’82」(1982)という作品を作っています。やはり相当思入れのある作品だったのでしょう。キム・ギヨン監督の映画は他にも鑑賞していますので、それはまた後ほど…。


☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。


--
ここからはちょっと宣伝。
無料でホームページのテンプレートを配布しています。興味のある方はぜひご覧ください。

2010/05/25 02:21 | 韓国映画(カ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

木のない山 Treeless Mountain

木のない山 나무없는 산
監督:キム・ソヨン
出演:キム・ヒヨン、キム・ソンヒ、イ・スア

木のない山6歳のジンと妹のビンの二人の姉妹は、お母さんと暮らしている。生計が苦しくなり、二人の子供を育てるのが難しくなったお母さんは、父を探しに出かけるため、ジンとビンを地方で暮らす叔母に預けることにする。お母さんは二人にブタの貯金箱を渡し、それが一杯になったらお母さんが帰ってくると言い渡す。叔母の家で暮らすことになった二人だが、叔母は酒を飲んで愚痴をこぼすばかりで、二人の姉妹には無関心だ。それでもジンとビンは、ブタの貯金箱が満杯になればお母さんが戻ってくるという約束を信じてる。近所のお兄ちゃんがイナゴを焼いては売っているのを見て、二人もそうして少しずつ貯金箱にお金を貯めだす。ビンが大きいコインを小さいコインに変える方法を思いつき、ついに貯金箱を一杯にすることができた。そうしてお母さんが帰ってくるかとバス停でずっと待っているが、約束と違ってお母さんは戻ってくることはなかった。それからしばらくして二人の姉妹は、田舎の祖母に預けられるようになる。そこでみんなの荷物になるだけと直感するジン。この小さな少女たちの居場所はどこにあるというのか。

Treeless Mountain【感想】
このブログを更新するのも久しぶり。映画を見たついでにブログのデザインも変えてみました。それがこの映画で、今回は日本では一般公開されることは無いだろうと思われる映画です。
この映画は、二人の幼い姉妹が環境の変化とともに成長していく姿を綴った映画です。都会に住んでいた幼い姉妹が地方に移り、そこからさらに田舎へと移っていく。お姉ちゃんジンは、いつもお姉ちゃんだからと言われて妹の面倒を見なければならず、そんなところは兄弟姉妹のいる人だったら少なからず経験したことがあるでしょう。バス停でお母さんを待つシーンは印象的です。ジンは涙は見せても自分たちのおかれた立場を察して、ビンとともに強くなっていきます。田舎に移り住んでおばあちゃんのところでは、生きていくっていうことを無言のうちに身につけていく様子は心うたれます。そこで映画は終わっていますが、韓国映画としたら珍しい終わり方のようにも思えます。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2009/11/15 23:03 | 韓国映画(カ)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

グッド・バッド・ウィアード The Good, The Bad, The Weird

原題:いい奴、悪い奴、変な奴 좋은 놈, 나쁜 놈, 이상한 놈
出演:ソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ウソン
http://www.gbw.jp/


1930年代、多様な人種がもつれ銃刀が乱舞する無法天下、満州原野が舞台。その満州原野で帝国列車が襲われる。そこで激動期をそれぞれ違ったやり方で生きている朝鮮の風雲児、三人の男が運命のようにぶつかる。
お金になることは何でもハンティングする懸賞金猟師パク・トウォン=いい奴、最高でなければ耐えられない馬賊団親分で殺人請負業者のパク・チャンイ=悪い奴、雑草のような生命力の特攻隊、列車強盗犯ユン・テグ=変な奴。彼らは、互いの正体を知らないまま、テグが列車を襲って手に入れた謎の地図を独占するため、大陸を立ち回る追撃戦を繰り広げる。そして、正体不明の地図一枚を囲んだ交錯する推測の中に、日本軍、馬賊団までが彼らのレースに加担するようになる。追いつ追われつの追撃戦、結果がわからない大混戦の中、果たして最後の勝者は誰に…。

グッド・バッド・ウィアード【感想】
久しぶりに見た韓国映画がこの映画。知り合いの人にチケットを頂いたので、劇場での鑑賞となりました。この三人の出演でしたら、もっと混雑しているかと思いきや、レイトショーだったからかもしれませんが、観客はほんのわずか。おかげでゆっくりと大の字になって鑑賞できました。
映画の方は、もう宣伝通り“メチャクチャ”。ドンパチの連続で、ストーリーらしいものはありません。ただ面白く、かっこ良く、迫力感満載の映画です。思うにやはりソン・ガンホの魅力で成り立った映画のように思います。監督はキム・ジウンで、「反則王」(ソン・ガンホ、ソン・ヨンチャン)「甘い人生」(イ・ビョンホン)と前作に出演した俳優さんを起用していますね。たぶん監督さんの中でイメージが出来上がっていたのではと思われます。三人はいい奴、悪い奴、変な奴とそれぞれの面を見せてくれますが、でも三人とも皆一緒です。悪い奴はもう悪いだけだけど、いい奴も変な奴も似たり寄ったりで、もうそれは関係なくていいんだと思いました。そういう映画なんですね。やっぱ劇場で鑑賞できてよかったと思える、そんな映画です。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2009/09/01 12:23 | 韓国映画(カ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

軽い眠り A Light Sleep

原題:軽い眠り 가벼운 잠
監督:イム・ソンチャン
出演:チェ・アジン、ユン・チャン、イム・ヒョングク、ホン・アルム

軽い眠り16歳のヨリンは、一見ごく平凡な女の子だが、夜に眠れず時々薬を飲む。疲れているのに眠りは来ないのだ。たぶんそれは2年前、交通事故で一度に両親を失い、そのときの入院費が払えず、医大の実験用に渡された母の遺体を探して、一人だけの妹のために、援助交際を始めた頃、その時から。
この前、素敵なボーイフレンドができた。平凡なデートもした。すべてのことが日常的で平凡に見える。でもいつも背後には、16歳の少女が耐えるには、あまりにも手に余る現実が存在する…。

A Light Sleep【感想】
この映画は、1999年に韓国で起きたある事件をモデルに作られました。その事件とは、両親を亡くし幼い妹との生活をしていくため、援助交際を続けていた女子高生の自殺というものです。
それを知らずに見たら、一体何を描こうとしているのかもわからないかもしれません。私の場合はたまたま知ることとなったのですが、ちょっと気になっていた作品です。今のブログのタイトルバックがそれです。映画の内容はそのポスターからは想像できませんが、一人の少女の渇いた心が見え隠れします。普通に見えることが逆に悲しみを感じたり、映画のシーンでは取り立てて悲惨な場面は出てきませんが、それがむしろ効果的に訴えかけてくるような気がします。ずうっと悲しみを見せない彼女ですが、ラストシーンは印象的です。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2009/05/06 23:17 | 韓国映画(カ)COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

クライング・フィスト Crying Fist

原題:拳が泣く 주먹이 운다
監督:リュ・スンワン
出演:チェ・ミンシク、リュ・スンボム、イム・ウォニ、ピョン・ヒボン

クライング・フィストかつては、アジア競技大会銀メダルリストになったこともあるボクサーのカン・テシク。しかし事業に失敗し莫大な借金を抱え、妻子にも逃げられた彼は、路上で自分を人に殴らせお金をもらっている仕事をしている。持っていたものすべてを失った後、生計のためにやむを得ず路上で殴られるボクサーになったのだった。妻からは離婚を迫られ、息子と暮らすことができなくなるテシクには、つらい現実が待っていた。そんなテシクの目に“新人王戦”のポスターが焼きつく。
一方、喧嘩とカツアゲに明け暮れる荒んだ日々を送る19歳のユ・サンファン。ある日、喧嘩にまきこまれ合意金を得るため、金持ちをねらった強盗事件を起こし、少年院に収監される。収監初日からボクシング部のクォンノクと勝負を繰り広げて独房に閉じ込められるという順調でない生活が始まる。クォンノクとの戦いを見た刑務主任は、サンファンにボクシング部加入を薦める。何かができるという意志と喜びを得たサンファンだったが、建設現場で働く父が事故死し、祖母も病に倒れてしまう。生まれて初めて家族のために何かをしたいという思いに駆られたサンファンは、“新人王戦”でトップに立つと心に決める。
愛する者のために、失ったものを取り戻すために、そして何よりも、自分の人生をその手に取りもどすために、二人はリングに上がるのだった。

【感想】
いつかボクシングってのは、普通の人間にはできないスポーツだと聞いたことがあります。確かに辛いスポーツではありますが、それをやっている人には大きな意味があるのでしょう。この映画はそんな部分が見え隠れする映画ですかね。二人の主人公それぞれで一本の映画ができそうですが、やはり戦う相手の人生もあるわけで、よくできていたと思います。拳が泣く40歳のおっさんと19歳の若者。それぞれたどってきた道は違えど、命を燃やすような戦い。自分の周りの人々も感動させる戦いだったはずです。ですから、本来だったら見終わった後に、達成感みたいなものが感じられてもいいように思うのですが、そういうものは正直無かったですね。それは多分二人が私の嫌いなタイプの人間だったからでしょうか。いや、この映画に感動は必要ないのかもしれません。二人がリングに立ったこと自体が一番の出来事で、勝敗は関係ないし、その後がどうなったかも関係ないんですね。
チェ・ミンシク兄貴、久しぶりに見ましたが、最近どうしているのですかね。もっとスクリーンに登場してほしいですね。他の出演者も皆素晴らしく、今ではそれぞれ主役をはれる人たちばかりでした。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング 人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2008/12/04 18:27 | 韓国映画(カ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

カン・チョルジュン 公共の敵 1-1 Public Enermy Returns

カン・チョルジュン 公共の敵 1-1 강철중 공공의 적 1-1
監督:カン・ウソク
出演:ソル・ギョング、チョン・ジェヨン、カン・シニル、キム・ナムギル

カン・チョルジュン 公共の敵 1-1江東署の強力班刑事カン・チョルジュンは、5年が過ぎた今でも相変らず事件現場をかけずり回っている。15年の刑事生活で残ったものといえば、チョンセの借家だけ。刑事という職業柄、銀行から住宅保証金も受けられず、いつ命を落としてもおかしくないこの稼業に嫌気がさし、ついに辞表を提出する。ところがその日、ある高校で起きた殺人事件のために彼の辞表受理は延期され、今回の事件さえ解決すれば退職金を与えるという班長の懐柔に巻き込まれ、面倒な事件現場に渋々戻ることになる。まったく解決の兆しが見られなかった殺人事件だが、捜査が進んでいくうちカン・チョルジュンは、死んだ被害学生と仲が良かったという友人3人に会って糸口を探し始める。そして彼らが、コソン(巨星)という会社に就職していたことを知ったカン・チョルジュンは、この事件が、コソン・グループと関係あると踏んで、コソン・グループの会長イ・ウォンスルを追い始めるのだが…。

【感想】
今回が三作目となるこのシリーズですが、カン・チョルジュンが強力班刑事と言うことで、一作目の続きと言った内容です。やはりソル・ギョング、いいですね。出演者もカン・シニルはじめイ・ムンシクやユ・ヘジンといったところの顔がみれ、なんだかうれしいです。Public Enermy Returns一作目のイ・ソンジェ演じるチョ・ギュファンは冷徹かつ善良的といった雰囲気がよく出ていましたが、今回のチョン・ジェヨン演じるグループの会長は、ちょっと違っていました。どちらかというと、ちょっとカン・チョルジュンに近い雰囲気がありましたね。チョン・ジェヨン、いい雰囲気でした。内容的には刑事物だから特別なことも無いけれど、今回はちょっと家族が見え隠れして面白さを引き立てています。特にカン・チョルジュンの娘がいい味出してます。この映画のハイライトは、最後の二人の戦いでしょうが、私は、途中で出てきた家族農園での子供たちの前で殴り合った部分が最高でした。
カン・チョルジュンは決していい刑事ではないんですね。焼き肉やで文句を言ったり、家まで押し掛けていき夕食を食べてしまう。まるでそれはやくざの手口で、でも刑事と言うのが根底にあるから、悪は許さない、そういう表現の仕方なんだと思いました。高校生役で若い人たちが出演していますが、みないい感じです。最近見た韓国映画の中では一番面白いと感じました。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2008/11/13 20:53 | 韓国映画(カ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。